2010年6月アーカイブ








6月1日から13日までの2週間ギャラリーDAZZLEでの展示に参加しました。

カート.ヴォガネット.ジュニアの「猫のゆりかご」の装 画を12人のイラストレーターがそれぞれ描くという企画で、3月から2回のワークショップを経ての展示となりました。
猫のゆりかごを描く ギャラリーDAZZLE展示:2010年6月1日(火)ー6月14日(日)12:00ー19:00
展示 猫のゆりかご
ギャラリーDAZZLE

協力 マルプデザイン

参加イラストレーター

    加藤健介

    久保田ミホ

    越井 隆

    小林賀子 

    須山奈津希

    高木はるみ

    永島壮矢 

    新倉サチヨ

    西川真以子 

    弘田京子  

    松並良仁  

    ミゾヨシオ

    (敬称略)


















マルプデザインさんのご協力のもと、 ワークショップではお互いのラフを見せ合い、意見を言ったり聴いたりしながら、それぞれのイラストを完成させ、マルプデザインさんに文庫のカバーとしてデ ザインしていただきました。

猫のゆりかごを描く猫のゆりかごを描く
猫のゆりかごを描く













(制作中のメモやWSに持っていったラフ)

小説のイラストを描くのは初めてのことだったので、
最初はどうしていいかわからず悪戦苦闘。。


他の参加者の方々のラフや制作の仕方は、
驚きとともにたくさんのヒントになりました。





装丁していただく担当デザイナーさんと打ち合わせの上出来上がったのがこちらです

表紙用 原画 (左) 本文挿絵(右)                                                                                    

猫のゆりかご ギャラリーDAZZLEnekonoyurikago

猫のゆりかごカバーデザイン 渡邊雄哉さん(malpu design)

文庫のカバーとしてデザインしていただいたのがこちら。





























展示初日には、オープニングパーティならぬ「オープニングトーク」でイラストレーターと担当デザイナーがそれぞれ作品についてお話をしました。

人によっては落語やちょいコスプレもあり、、、私は事前に担当デザイナーの渡邊さんにご相談し、トラブルや緊張に見舞われながら「サイコロトーク」でお話しました。

参加者全員分の作品とトークの模様をこちらでご紹介したいところなのですが。。
「猫ゆりレポート」はマルプデザインさんのブログ「マルプ日報」で是非ご覧ください。


会期中は、なかなか満足に会場にいることができなかったのですが、わざわざ足を運んでくださった皆様、気にかけてくださった皆様ありがとうございました。普段、イラストの感想を直接伺える機会が少ないので、とても貴重な経験になりました。時間を割いていただくことの重みを感じつつ、とても励みになりました。

今回ご一緒した参加者の皆さん、ギャラリーDAZZLEの村松さん、マルプデザインのスタッフの皆さんありがとうございました。




仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか マガジンハウス書籍装画 
「仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか」(マガジンハウス)

著 小松 易
装丁 渡邊民人(TYPEFACE)

カバーのイラストを描かせていただきました。いつもいつも探し物をしているので、個人的にも興味深い内容です。

仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか マガジンハウス



書くだけで奇跡が起こる魔法の手紙 あさ出版
書籍装画
「書くだけで奇跡が起こる魔法の手紙」(あさ出版)

著 はづき虹映 
カバーデザイン渡邊民人 本文デザイン 荒井雅美 (TYPEFACE)

カバーと本文のイラストを描かせていただきました。

カバーの帯にイラストがのっているのですが、女の子が持っている手紙の部分がシルバーでピカピカしています。
写真なら映るかなぁと思ったのですが、うまく撮れませんでした。。

手紙の本です。
最近、手紙を書く機会が多いのですが、出す方もなんとなく嬉しいし、もらう方も嬉しがってくれるのでいいなあと思います。
書くだけで奇跡が起こる魔法の手紙 あさ出版










新しい理系キャリアの教科書

| トラックバック(0)
新しい理系キャリアの教科書 幻冬舎メディアコンサルティング
書籍装画 
「新しい理系キャリアの教科書」(幻冬舎メディアコンサルティング)

著 廣田浩一  装丁 渡邊民人  荒井雅美(TYPEFACE)

カバーのイラストを描かせていただきました。

表1から表4までぐるっと巻かれるように原画は横長に描いています。

デザイナーさんと相談しながら抜いたり足したり、遊び心をちょっと入れつつ仕上げました。

帯ではほとんど隠れてしまうのですが、ビルの上に黒猫がおります。











新しい理系キャリアの教科書 幻冬舎 メディアコンサルティング








なぜ、ニューマン家は10年後豊かになったのか 総合法令出版
書籍装画
「なぜ、ニューマン家は10年後豊かになったのか?」(総合法令出版)

著 方波見 寧 装丁 田中正人(モーニングガーデン)

カバー、本文のイラスト描かせていただきました。
お 金の本ですが、物語のような語り口で、読みやすい本です。

描いていてとてもたのしかったです。






















なぜ、ニューマン家は10年後豊かになったのか? 総合法令出版なぜ、ニューマン家は10年後豊かになったのか 総合法令出版
なぜ、ニューマン家は10年後豊かになったのか? 総合法令出版


ブログ記事・ページナビ